子供の背が伸びる方法
子供の背が伸びる方法は生活習慣によって変わります。

両親のどちらかが、もしくはどちらとも身長が低いと必然と子供の背が小さいことが多いのですが、もう遺伝だから子供の背が伸びる方法はないと諦めていませんか?

子供の背が小さいことは遺伝も関係していますが、遺伝だからといって、何をしても身長が伸びないわけではありません。

子供の背が伸びる方法の中でも生活習慣の意識してほしいポイントをまとめてみました。

どのようなことをすれば、身長を伸ばすことができるのでしょうか?

たったこれだけで背が伸びる??子供の背が伸びる方法!

1、 栄養バランスのとれた食事

最近の子供はどうしても外食やコンビニ弁当など添加物が多いだけでなく、栄養が偏った食事を摂取する機会が増えてきています。

また、和食よりも欧米食を食べることが増えたことから、身長を伸ばすために必要なマグネシウムやカルシウムの摂取量は年々減ってきているとデータでも検証されています。

身長を伸ばすために必要とされているマグネシウムやカルシウムを積極的に摂取し、その他にもミネラルやビタミンなど栄養バランスのとれた食事を摂るように意識しましょう。

2、 質の高い睡眠

最近ではスマホの普及により、日中だけでなく、夜もゲームやネットサーフィンなどをし続けてしまい、寝不足になっている子供がたくさんいます。

スマホの光は睡眠の質を下げる原因ともされており、寝る前にスマホを使っていることで、脳がすぐに睡眠状態に入ることができず、夜何度も頻繁に起きてしまうなど睡眠の質が低くなっている中高生がたくさんいます。

睡眠の質が低いと成長ホルモンの分泌量が少なくなり、身長が伸びなくなる原因になるので、スマホをずっと見るのはできるだけ控え、寝る1~2時間前はスマホやテレビを極力見ないようにしましょう。

それでもぐっすりと眠ることができないのであれば、お風呂にゆっくり入る、寝る前に温かい飲み物を飲んで、血行促進させることで、深い眠りにつくことができます。

3、 運動をする

運動をしない子供が増えてきたことから、運動能力低下だけでなく、成長ホルモンの分泌量が減り、骨に刺激がなくなることから、骨が成長せずに身長を伸ばすことができなくなります。

激しい運動をする必要はなく、適度に運動するだけでも十分に効果があるので、運動が苦手なのであれば、まずは軽いウォーキングを始めてみるなど、自分が行いやすい運動を少しずつ始めてみていってくださいね。

4、 太り過ぎない

体重と身長は大きく影響しています。

標準体重よりも少し太っているくらいであれば、さほど大きな影響を与えますが、肥満体型だと成長ホルモンの分泌が減少します。

身長が伸びないだけでなく、中高生の思春期に太っていると、大人になってからも体重が落ちにくくなると医学的にも証明されているので、健康のためにも標準体重まで体重管理を行いましょう。

逆に標準よりも痩せ過ぎていると、身長を伸ばすための栄養を補給することができなくなるので、無理はしない程度に栄養価の高い食事を摂取していきましょう。

成長サポートサプリをうまく活用して

生活習慣を少し意識するだけで、身長を伸ばせることができたとしても、毎日意識してこれらのことを全て行うのは正直難しいですよね。

特に食事に関しては、中高生となるとまだ健康のためを考えられず、好きなものを食べたい気持ちが勝ってしまうでしょう。

最近ではそんなお子様のために栄養補給サポートサプリも販売されているので、うまく利用して子供の身長を伸ばす方法として活用してみるのもいいですね。

ちょっとしたことを意識するだけでも身長を伸ばすことができるので、まずは生活習慣を見直ししてみましょう。