プラステンアップ 冷たい牛乳
冷たい牛乳にプラステンアップを入れるとダマになってしまうのでしょうか?

プラステンアップはすっきりとしたレモン味になっているので、水と混ぜても美味しく飲むことができるのですが、どんなに美味しくても毎日同じ味だとさすがに飽きてしまいますよね。

プラステンアップは水だけでなく、牛乳や豆乳と混ぜて飲むこともでき、味はまろやかになってさらに飲みやすくなるだけでなく、カルシウムをさらに摂取することができるので、プラステンアップの公式サイトでもおすすめしている飲み方です。

冷たい牛乳と混ぜて飲むとより美味しさがアップしそうですが、冷たい牛乳と混ぜてもプラステンアップは溶けるのでしょうか?

冷たい牛乳だとやっぱり溶けにくい?

冷たい牛乳とプラステンアップを混ぜたけれど、やっぱり溶けずにダマになると口コミでもこのような意見がいくつか投稿されています。

全く溶けないわけではないようですが、やはり冷たい牛乳と混ぜてしまうと、完全に溶かすことは難しいようですね。

冷たい牛乳では溶けにくいですが、牛乳を少し温めてあげるだけで、プラステンアップはダマにならずに溶けていくので、プラステンアップを牛乳に混ぜて飲む時は、冷たい牛乳ではなく、少し温めてから混ぜましょう。

温めるとプラステンアップの成分がなくなる?

冷たい牛乳に混ぜるとプラステンアップが溶けにくいので、少し温めることで、ダマにならずに溶かすことができますが、牛乳に熱を加えてしまうことで、プラステンアップに含まれている成分を壊してしまうことはないのでしょうか?

プラステンアップに配合されている成分はすでに水や牛乳と混ぜてもいいように作られているので、少し温めた飲み物に混ぜただけで成分効果がなくなることはありません。

ただし、熱湯などに入れてしまうと、成分効果が落ちてしまうので、1番いいのは人肌くらいの温度に温めた水か牛乳、豆乳で混ぜて飲む方法です。

あえて熱湯で飲む人もいないと思いますが、プラステンアップと混ぜる飲み物の温度をあまり熱くしすぎないように注意してくださいね。

何も混ぜずにそのまま飲んでも効果あり?

冷たい牛乳に混ぜるとダマになりやすいですし、それならいっそのこと何にも混ぜずにそのままプラステンアップを飲んだほうがよりダイレクトに効果を実感できるのではないでしょうか?

試しに実践してみましたが、当然ですが粉状になっているので、そのままでは飲みづらいですし、結局その後に水を飲んだりするので、これではほとんど意味がないですよね…

プラステンアップを水や牛乳などで混ぜて飲む理由でもありますが、プラステンアップをそのまま飲んでしまうと、成分効果を発揮しにくくなります。

何かと混ぜて飲むことを前提に作られているので、成分効果が出る前にそのまま排出されてしまうことも…

また、直接飲むことで、成分の吸収率が下がってしまうので、毎日プラステンアップを飲んでいたとしても、効果の実感力は下がってしまうでしょう。

成分効果をより引き出すためにも、直接飲むより、水や牛乳などに混ぜて飲みやすく、そして体に成分を吸収しやすいように続けていきましょう。

プラステンアップは冷たい牛乳と混ぜて飲んでしまうと、ダマになってしまう可能性があり、成分の吸収率を下げてしまうだけでなく、味も美味しくなくなってしまいます。

牛乳と飲む時は冷たい牛乳ではなく、少し温めてあげるだけで、きちんと溶けていくので、人肌程度に温めてから飲むようにしてくださいね。

プラステンアップはアレンジもできるので、中高生でも続けやすい成長応援サプリです。

まだ試したことがない人はぜひトライしてみてくださいね!